FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--(--) | EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--:-- | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

日本らしい?

2012.04.14(Sat) | EDIT

先日、アメリカ人の尺八の先生のお弟子さんが80歳を迎えるというので、クラスメートによるお誕生会があり、およばれしました。その話は出発前からきいていたのですが、どなたかのお家でのパーティーと思っていました。お祝いに、Little Drummer Boyよろしく「翁遊」という一絃琴の曲、作曲者が70歳の誕生日に、といって作った曲を演奏しようと思っていたのですが、パーティーはレストランで行われました。というわけで、その日の昼間に曲を録音してメールにてお誕生日おめでとう、とお送りしました。メールには演奏風景の写真もつけて。(そのお弟子さん、一絃琴はさすがにご存知ないので)



うしろがなんだか仏画みたいな感じがしませんか?
この家にいて、庭をみながらメールをうったりしていると、二階から尺八の練習がきこえてきて(ホストは尺八演奏家、フルート演奏家、作曲家)日本にいるより、ずっと日本的に感じたりします。
(家にいると、私が何かほかのことをしているときに、誰かが楽器を演奏しているのをきくということはあり得ないシチュエーションなのです。遥か昔、先代と住んでいたときみたいで、古きよき日本みたい)
とても穏やかな、贅沢な毎日です。

ところで、腕時計の竜頭がこわれてなくなりました。時計は動いているので問題ないのですが、時間を変更することができません。日本の時間に直せないわけです。NY時間で生きろっていうことかしら(笑)

スポンサーサイト

Category: 海外

07:19 | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

プロフィール

seikyodo

Author:seikyodo
清虚洞一絃琴宗家四代。日本の伝統音楽でありながら日本人にほとんど知られていない一絃琴。一絃琴はシンプルでありながら、哲学をもって人の心を平らかにする力を持っている。この一絃琴の演奏と教授をおこなっている。
伝統芸能の家元というと「完璧にできあがった、年齢を重ねた人」のイメージがあるが、実際まだまだ若輩者なので、逆にその年齢も生かして活動していきたいとも思っている。
Kermit the Frogをこよなく愛する

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。