FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--(--) | EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--:-- | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

新しい試み 演奏会のお知らせ

2012.10.14(Sun) | EDIT

昨日はホテル西洋に於いて、Asian Cultural Council のブランシェット・H・ロックフェラー賞贈呈式が行われました。財団に対する、長年の多大なる功績に対して堤 清二氏に贈呈されたものでした。
そのレセプションの後半にグランティーのパフォーマンスのひとつとして一絃琴を演奏させていただきました。ル・テアトルという劇場のロビーに舞台を作成してのものでしたので(吹き抜け)音を心配しましたが、音響さんのお力で気持ちよく演奏させていただきました。
今回は大琴、通常の一絃琴2面を置いての演奏です。かなり実験的です。通常の一絃琴をみなさまにご覧(お聴き)いただくのはもちろんのことなのですが、最近好きでたまらない大琴の音もお聴きいただきたく、一曲の中で両者を使うという。まったく新しい形をとりました。実験的なものです。2面おいたからといって和音を作っては「一絃琴」の意味がなくなってしまいます。音域を広げた、というところです。

日本においてはなかなかとりあげていただきにくい、一絃琴という小さな伝統に光をあて、勉強する機会を、あらゆる分野の方とのつながりを与えてくださったACCには本当に感謝ばかりです。そのおかげで、また新しい試みに取り組む機会ができました。

写真をいただく機会がありましたらまた載せることにいたしましょう。

さて、一絃琴演奏会のご案内です。
「闇と光の間(はざま)で Vol2」
今回は横笛の西川浩平氏とコラボレーションをいたします。西川氏はお話しも大変楽しい方ですので、凛とした静かな中にもなごやかな時間をお過ごしいただけることと思います。
以前にも使わせていただきたギャラリーYYZですが、もしかしたら使わせていただけること、最後になってしまうかもしれない状況にあります。一絃琴にぴったりの空間なので残念です。是非素敵な空間でのひとときにおはこびくださいませ。
11月22日(木) 午後7時
12月15日(土) 午後6時30分
於:広尾 YYZ http://yyz-hiroo.p1.bindsite.jp/info.html
4500円
お問い合わせ: info@seikyodoichigenkin.com (清虚洞一絃琴)


スポンサーサイト

Category: 一絃琴 

16:52 | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

プロフィール

seikyodo

Author:seikyodo
清虚洞一絃琴宗家四代。日本の伝統音楽でありながら日本人にほとんど知られていない一絃琴。一絃琴はシンプルでありながら、哲学をもって人の心を平らかにする力を持っている。この一絃琴の演奏と教授をおこなっている。
伝統芸能の家元というと「完璧にできあがった、年齢を重ねた人」のイメージがあるが、実際まだまだ若輩者なので、逆にその年齢も生かして活動していきたいとも思っている。
Kermit the Frogをこよなく愛する

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。