FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--(--) | EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--:-- | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

コンサート終了 無事、いえ無事以上!

2015.06.20(Sat) | EDIT

いよいよ明日です、と書いてから時間がたってしまいました。
コンサートが無事終わって、嬉しくてすっかりニューヨークを遊び倒しておりました。

「音故知新 One String One Breath コンサート」はおかげさまで無事、というか大成功で終えることができました。
よい雰囲気の会場、素敵なフォトグラビュールの作品群、フォトグラビュールの作家ピーターミラーさん、そしてそして素晴らしい尺八演奏家のラルフさん、エリザベスさん、そしてエリザベスさんはじめ素晴らしい曲の数々。何もかもがとても素晴らしい状況での会となりました。

イメージ

普段あまりこういうことは言わないのですが(うまくいったときはあまり記憶がない、また慢心につながってもいけない)今回は私の演奏会史上 one of top 3 に入るかもしれないと思える会になりました。

お客様にも「仕事のこと、家のこと、全部忘れて心地よく身をゆだねられる素晴らしい時間だった」「声が一絃琴にとけこんで本当に美しかった」などとおっしゃっていただきました。

P1040512.jpg

左からラルフ・サミュエルソン、ピーター・ミラー、エリザベス・ブラウン(敬称略)この写真、背の順?(笑)

今回はリハの初日からとても心地よく、穏やかでその気持ちが本番まで持続したなんと贅沢な滞在だったことでしょう。
実は学生時代の先輩が同行してくださっていて、演奏会など随分お手伝いいただきました。おかげさまで今回演奏写真があるのです。細川さんありがとうございます。いつもは演奏会の時は大抵写真ないですものね。
本当に皆々様のおかげさまで何にもかえがたい素晴らしい経験、滞在ができました。感謝しています。

リハの時の三人の写真をfacebookに挙げたのですが、友人が「すごく穏やかな顔してる」とコメントをくれました。そうなんです、ここにいると体調もよく、心も穏やかでいられます。日本じゃだめかも(なんてね)

この二人、秋に来日します。横浜、東京、河口湖、岩手(久慈・盛岡)、京都でほぼ同演目で演奏会の予定です。
みなさま是非おはこびくださいませ。



スポンサーサイト

Category: 一絃琴 

02:18 | Comment(-) | Trackback(0) | PageTop↑

プロフィール

seikyodo

Author:seikyodo
清虚洞一絃琴宗家四代。日本の伝統音楽でありながら日本人にほとんど知られていない一絃琴。一絃琴はシンプルでありながら、哲学をもって人の心を平らかにする力を持っている。この一絃琴の演奏と教授をおこなっている。
伝統芸能の家元というと「完璧にできあがった、年齢を重ねた人」のイメージがあるが、実際まだまだ若輩者なので、逆にその年齢も生かして活動していきたいとも思っている。
Kermit the Frogをこよなく愛する

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。