FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--(--) | EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--:-- | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

音故知新2015 ~二管の尺八と一絃琴~三溪園月華殿演奏

2015.11.13(Fri) | EDIT

怒涛の1か月、「音故知新-One breath,one note, one string- 2015」が終わりました。準備しているときには永遠に終わらないのではないかと思っていたツアーですが、実はもう終わって3週間。あっという間に経ってしまいました。気が抜けてしまって何も手につかぬ日々。いかんいかん。一度にツアー全体をご報告してしまうと大量になっていまいますのでちょっとずつ進めます。


「音故知新 ~one breath, one note, one string~」 横浜公演 2015年9月27日 横浜三溪園月華殿

重要文化財の建物の保護のため大広間でもお客様は15名様限定。贅沢な空間になりました。
三溪園1


空間での音の広がりを感じていただくため演奏者も移動します。お客さまにも思い思いの場所にお座りいただき、時にはお縁側で緑をご覧いただきながらお聴きいただくことといたしました。
三溪園2

お客様には「奏者が3人、あちこちに位置を変えて、しまいには3方位からサラウンドで、アンプリファイされてない和楽器なのにおそろしい迫力でした!音と音の間の水音や鳥の声、時には人びとの話し声も取り込んだ感覚がいっそう「場」との融和を感じさせてくれました。」「これまで聞いたどれよりもよい演奏会でした。現代はホールなど閉じられた空間であることに対し、音楽を時間、空間の中で聴かせていただきました。あらためて日本のすごさを感じました」など勿体ない感想をいただきました。

三溪園5
この日は中秋の名月
三溪園6

今回のツアーでは、東日本大震災を経験した55人の日本人による短歌集「変わらない空 泣きながら 笑いながら」(講談社)をテキストとした「秋巡り来て」というエリザベス・ブラウン作曲の新曲を日本初演いたしました。この中で歌われている、
平井正一氏の短歌
「精霊は月に宿りて松に降る 陸前高田 秋巡り来て」
は、朝日新聞が掲載した中秋の名月が照らす陸前高田の奇跡の一本松にちなんだ作品だそうです。日本初演にふさわしい日となりました。

来日して3日、ラルフ、エリザベスはまだちょっと時差ボケ気味だったようでもありましたが、特別な空間での演奏は奏者としても心地よい時間でありました。

三溪園4

おはこびくださいました皆様、お手伝いくださいました皆様、ありがとうございました。
スポンサーサイト

Category: 音楽

23:34 | Comment(-) | Trackback(0) | PageTop↑

プロフィール

seikyodo

Author:seikyodo
清虚洞一絃琴宗家四代。日本の伝統音楽でありながら日本人にほとんど知られていない一絃琴。一絃琴はシンプルでありながら、哲学をもって人の心を平らかにする力を持っている。この一絃琴の演奏と教授をおこなっている。
伝統芸能の家元というと「完璧にできあがった、年齢を重ねた人」のイメージがあるが、実際まだまだ若輩者なので、逆にその年齢も生かして活動していきたいとも思っている。
Kermit the Frogをこよなく愛する

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。