FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--(--) | EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--:-- | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

2017アメリカツアー Shakuhachi and Ichigenkin:Discovery in a Single Tone

2017.08.30(Wed) | EDIT

ラルフ・サミュエルソン、エリザベス・ブラウン(尺八)峯岸一水(一絃琴)によるコンサートツアーinアメリカ 2017年9月28日~10月21日


音故知新NY小サイズ


2014,2015,2016年と日本各地において「ココロとカラダにやさしいコンサート」「音故知新ーOne breath, one note, one string 2015」「音故知新ーOne breath, one note, one string 2016」という形でツアーを行った来ましたが、今年は米国各地においてコンサート、ワークショップ、レクチャーを行うことになりました。 以下コンサートスケジュールです。


Concert Schedule
9/28 at 8 pm: Leshowitz Recital Hall, Chapin Hall, John J. Cali School of Music, Montclair State University. Free.
10/2 at 7 pm: Bito Auditorium, Bard College. Free.
10/4 at 5 pm: Composer’s Symposium, Hartt School of Music, University of Hartford.
10/5 at 6:30 pm: Katonah Village Library, 26 Bedford RD, Katonah, NY 10536. Free.
10/8 at 4 pm: Center for Remembering and Sharing, NYC, $20-$25.
10/11 at 7:30 pm: Heller Center, UCCS (University of Colorado, Colorado Springs)
10/13 at 8 pm: Frick Fine Arts Auditorium, Univ. of Pittsburgh.
10/16 at 7 pm: Niles Gallery, University of Kentucky, Lexington.
10/18 at 7:30 pm: Harris Concert Hall, Rudi E. Scheidt School of Music,  Univ. of Memphis.
10/20 at 7:30 pm: Troutt Theater, Belmont University, Nashville.
10/21, 2:00-3:30 pm: public lecture at College of Education Building (COE 160), 1756 MTSU Blvd, Murfreesboro, TN
10/21 at 7:30 pm: St Paul’s Episcopal Church, 116 North Academy Street, Murfreesboro, TN


ニュージャージー、ニューヨーク、コロラド、ピッツバーグ、レキシントン、メンフィス、ナッシュビル、テネシー各地での公演になります。


穏やかな心と音色をもつニューヨークの尺八演奏家ふたりが「ひとつの音」を追究するという意味では近しい一絃琴とやさしい時間をおくります。
日本の古典楽器でもある尺八ですが、多くの日本人より彼らのほうがずっとその深さを知っていることでしょう。殻らの音から日本を再認識するとともに(日本の外でこそ心に響きやすいかもしれません)、日本の楽器でありながらほとんどの日本人が知ることのない一絃琴のこころも感じていただく、静寂の時間をお過ごしいただければと思います。

日本文化を見直す雰囲気も見えてくる現在ですが、どちらかというと華やかでにぎやかな、リズミカルなものも多いように感じます。尺八と一絃琴の落ち着きと音色は「間」「空白」を感じる静かな、しかし豊かな時間になることでしょう。

今回はそれぞれの古典、現代曲(ソロ、尺八デュオ、一絃琴と尺八の合奏)とともに東日本大震災を体験した方々の短歌集「変わらない空 泣きながら 笑いながら」(講談社)より2首とりあげたエリザベス・ブラウン作曲 二本の尺八と一絃琴・声のための「秋巡り来て」を演奏します。また今回はいくつかのアメリカ人作曲家による新曲の初演を行う予定です。(二管の尺八と一絃琴という編成は世界にただひとつです)この情報は順次ブログにてご報告します。


P1070644小


今回のプロジェクトは国際交流基金、およびIMJS:Japanese Cultural Heritage Initiativesの助成をいただいています。

Logomark_A 交流基金小   


    


スポンサーサイト

Category: 未分類

00:41 | Comment(-) | Trackback(0) | PageTop↑

プロフィール

seikyodo

Author:seikyodo
清虚洞一絃琴宗家四代。日本の伝統音楽でありながら日本人にほとんど知られていない一絃琴。一絃琴はシンプルでありながら、哲学をもって人の心を平らかにする力を持っている。この一絃琴の演奏と教授をおこなっている。
伝統芸能の家元というと「完璧にできあがった、年齢を重ねた人」のイメージがあるが、実際まだまだ若輩者なので、逆にその年齢も生かして活動していきたいとも思っている。
Kermit the Frogをこよなく愛する

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。