FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--(--) | EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--:-- | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

ツアー終了

2017.10.23(Mon) | EDIT

なかなか治らない声を取り戻すために、一日ニューヨークに帰ったときに、チャイナタウンで漢方を買ってみたり、ケンタッキーからメンフィスまで6時間半車移動、私も1/3くらい運転したり、コンサートのあと、ブルースききながらラムをあおったり(実際は一口でギブアップした)、エルビスのふるさとグレースランドに行ったりと、演奏会のほかにも沢山のアドベンチャーがあったのですがツアーは後半に向かってどんどんスケジュールがタイトになっていき書いている暇がほとんどありませんでした。追々書けたらと思います。

昨夜、最後の演奏会終わりました。12回なんて信じられない。実はあまり覚えていなかったりもします。

漢方とハチミツのお陰で声もほぼ復活。人生でこんなにハチミツなめたこと、多分ない。後半にむけて写真の顔がまるくなってます。問題だ。



最終公演は教会でした。その響きは尺八も一絃琴もそして歌も中世のようだったったらしいです。

恒例、演奏会前の円陣。これが今回のツアーの最後。


お客様、特に音楽関係の方によると、トリオがほとんど音合わせをすることなく、顔も見合せないのに合奏の息があっていることに驚くんだそうです。邦楽の人には当たり前のことだけれど。でもそんなところに気がついてもらえるのは嬉しいことだね、と三人で話していました。

さてさて、ツアーすべて終わり帰国の朝です。今回ツアーの最後のトリオ写真。


皆、いい顔でしょ。

来年はどうしようかね、12回は多すぎたね(笑)と言いながら、ラルフさんはニューヨークへ、エリザベスさんはメンフィスのお兄さんに会いに、私はシカゴ経由帰国です。大きな台風がきていて大丈夫かと数日前から代替なども考えていたのですが台風が少し早まったらしくて多分キャンセルになることなく帰れると思います。
スポンサーサイト

Category: 未分類

02:08 | Comment(-) | Trackback(0) | PageTop↑

プロフィール

seikyodo

Author:seikyodo
清虚洞一絃琴宗家四代。日本の伝統音楽でありながら日本人にほとんど知られていない一絃琴。一絃琴はシンプルでありながら、哲学をもって人の心を平らかにする力を持っている。この一絃琴の演奏と教授をおこなっている。
伝統芸能の家元というと「完璧にできあがった、年齢を重ねた人」のイメージがあるが、実際まだまだ若輩者なので、逆にその年齢も生かして活動していきたいとも思っている。
Kermit the Frogをこよなく愛する

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。